風穴

経路概念図 クリックで拡大

雪が融け、嬉しそうに咲くフクジュソウ

山頂

駐車場とトイレがある第2登山口

平成新山

眉山

2011年2月24日

 五木村の林道相良五木線沿いにある、第2登山口から山頂を往復した。距離は9.1km、所要時間は4:00であった。

 この日の目当てはフクジュソウ。第2登山口には、立派な標識と駐車場それにトイレがある。

 人工林の中を登り、小さなピークを越えて自然林の中を進むとフクジュソウの群落に出合う。フクジュソウは、早春の光りの中にたくさん咲いていて、ちょうど見頃。心ゆくまで観賞したあと山頂へ向かう。

 仏石から尾根を越え、元井谷への分岐の先から雪が現れる。しかし、雪は柔らかくて歩くのに支障はない。

 山頂からは東に市房山、北西には雲仙の山並み、そして南には、霧島の山影も見える。この日は見通しが良く、山頂からの展望を楽しんだあと、往路を引き返した。

Back

山頂近くの登山道 根回り穴は春のサイン

山頂から見る雲仙

仰烏帽子山:のけえぼしやま (1301.8m) 熊本県

登山道沿いに立つブナの巨木

市房山