日本山岳遺産・嘉穗アルプス

馬見山(977.7m)~無名峰(約870m)~屏山 へいざん(926.5m)~古処山(859.5m) 福岡県



縦走路の紅葉

 

馬見山からの眺め  左の
印は英彦山


経路概念図 クリックで 拡大







九州自然歩道・馬見山山頂


2017年11月12日

 昨日は鎧兜姿の皆さんと、朝倉市から秋月街道の八丁峠を越えて嘉麻市まで歩いた。
 今日は前夜泊った馬見キャンプ場近くの登山口から、日本山岳遺産に認定された馬見山、無名峰、屏山、古処山を経て秋月へ。
 馬見山中腹のブナはぼ落葉しているが、カエデやアカメガシワ、コシアブラなどの赤や黄色はちょうど見頃。
 紅葉は、終着地の秋月まで続いていて展望も良く、たっぷり歩いて心満たされる秋の一日であった。
     
 = = = = = = = = =

 馬見山と無名峰の間にある
          「宇土浦越し」の由来

 嘉麻市側にある宇土浦越し登山口付近の小字名、「大字屏字宇土浦」による。

  



馬見山登山口
日本山岳遺産の標柱が立つ

 


一等三角点・馬見山山頂



宇土浦越



現在名前を募集中
無名山



屏山山頂

 

古処山山頂



宇土浦越の手前から見る 屏山方面

 



古処山頂のマユミ

 


屏山山頂から、嘉麻市方面の眺め

 


ニシキキンカメムシ



古処山山頂から、三郡山地の眺め

 


アケボノソウ



シマカンギク



ゲンノショウコ



紅葉の下 マムシグサの実

 

 


 
従走路の紅葉



Back