JR九州ウォーキング 鳥栖・田代売薬の歴史散策と鉄道イベントを訪ねて (佐賀県)



たくさんの人で賑わう鉄道フェスタ会場


経路概念図 クリックで 拡大







スタート・ゴールのJR鳥栖駅


2018年12月1日

 JR九州のウォーキングに参加。鳥栖駅からキューピーマヨネーズの工場に立ち寄り、庚申堂塚古墳へと向かう。
 このあたりには、他に幾つもの古墳があり、散策コースもつくられているそうだ。
 古墳の次は、中富記念くすり博物館。ここでは各家庭に薬を預け置いた、田代売薬の歴史や展示物などを見る。
 子供の頃、置き薬の補充と精算に売薬さんがお出でになると、紙風船をもらうのが楽しみであったのを懐かしく思い出した。
 あとで知ったが、この博物館には薬木や薬草園があり、一年を通してたくさんの植物が見られるとのこと。つい急ぎすぎてしまい、残念(><)
 
来年の春には再び訪ね、時間をかけて見学したいと思う。
 くすり博物館から田代公園を通ってアウトレットへ。そこから鳥栖駅へ向かい、鉄道フェスタの会場でゴールの受付。そのあと、フェスタ会場の展示や即売場などを見て、今日のウオーキングを終えた。



最初に訪れたキューピーマヨネーズの工場



庚申堂塚古墳
約1470年前の古墳



中富記念くすり博物館
佐賀県産業の一翼を担う製薬に関する
情報や資料が展示されている。



色づいた田代公園を通り抜ける



田代公園そばの神社
大きなイチョウが色づき明るく見える



高速道路の上を横切る



JR田代駅の前を通る



鉄道フェスタの会場でゴール



鉄道フェスタ会場の一つ
昭和20年~40年代の写真やグッズ展示


  
                昔の鉄道グッズ                                     鳥栖駅の精巧なジオラマ



Back