長野山(1,015m)     山口県

    オトシブミ
この苞の中に卵が産み
付けられています

  イナモリソウ
道の端で、寄り添うように咲いていました

丸太の階段 2千段

緑が心地よい自然林の中を行く
登山道

山頂の三角点

ササユリのつぼみ

コナスビ

 6月14日 周南市旧鹿野町五万堂渓谷の登山口から、山頂を往復しました。所要時間は
4:30でした。
 今回のめあては、ササユリとの出会いです。

 長野山は、自然公園として整備されています。山頂一帯は、キャンプ場や遊歩道、休憩施
設などがあり、山頂まで車道も通じていますが、今回は登山道を歩きました。

 途中には、赤滝という3段からなる滝があり、一服するのにはよい眺めです。登山道の傾
斜が急な所では、丸太を横にした階段が続き、その数は2千段と言われています。この登
山道を歩くには、登りはスタミナの配分に、下りでは膝へのダメージに対する留意が必要
です。

 植林帯を抜け、稜線が近づくと、緑鮮やかな心地よい自然林が広がっています。中国山
地はクマの生息地域です。入山にあたっては、鈴をつけて歩くなど、クマとの不幸な遭遇を
避ける対策が必要です。

 ササユリは山頂付近に自生していますが、花は開き始めたばかりでした。一帯には、大き
く膨らんだつぼみがたくさん見られました。

 ササユリは日本の固有種で、関東以西に自生するとされています。ササユリは、その姿や
色、香りなどから、人気のある山の花です。しかし、心ない人達の行為によって、最近、急
速にその数を減らしています。鑑賞にあたっては、傷めることがないように、細心の注意を
払いたいものです。

ササユリ

            コアジサイ
登山道で、さわやかな清涼感を醸し出し
ていました

  カエデの実
熟すると、親樹から
離れて風にのり、竹
とんぼのように回転
をしながら、遠くの着
地点をめざします。

    ブナの実
森の生き物たちの、貴重な餌にもなります

カキドオシ

ドウダンツツジ

ハルジオン

赤滝