英彦山 中岳(約1200m)〜北岳(1192m) 福岡県

経路概念図 クリックで拡大

2009年6月19日

 麓の別所駐車場から、標記2座を経て高住神社へ周回した。距離は
8.9km、所要時間は4:40であった。

 ひと月ぶりの英彦山である。目当ては、ヒコサンヒメシャラ(英彦山
姫沙羅)とオオヤマレンゲ(大山蓮華)。

 正面の参山道を歩いて、中岳へ向かう。遠くからは、ホトトギスやツ
ツドリの声が響き、近くでは、ウグイスやソウシチョウの囀りが聞こえる。

 ソウシチョウ(相思鳥)はウグイスの仲間。美しい鳥で声も良く、飼い
鳥として輸入されたものが、今では九州の山で普通に見られるように
なった鳥である。
 名の由来は、雌雄が互いに鳴き交わすから。仲の良さは、オシドリ
以上では。

 山頂が近づくと、オオヤマレンゲが光を透して、一際美しく咲いてい
る。顔を近づけると、良い香り。
 ヒコサンヒメシャラも満開で、白い花びらを少し染める紅が少女の頬
のよう。

 中岳と北岳の間にあるブナ林は緑が濃くなり、まさに緑滴る中を進
む。
 北岳からは岩道の急坂を下り、高住神社へ。途中の岩場に自生す
るイワタバコは葉を大きく広げ、あとひと月すれば、紫の可憐な花をつ
ける。その頃、また訪ねたい。

ヒコサンヒメシャラ

ヤマアジサイ

ニワナナカマド

青空に立つスギの古木

既に実を結んだ
オオヤマレンゲ

光を装うオオヤマレンゲ

ジキタリス

オタカラコウ

ミズタビラコ

エゴノキ

イワガラミ

ヤマツツジ

シモツケ

クモキリソウ

サワギク

ユキノシタ

マルバノフユイチゴ

クロバナイヨカズラ

ドウダンツツジ

Back