屏山(926.6m)〜古処山(859.5m) 福岡県

古処山からの眺望

ヤマトスジグロチョウ

経路概念図 クリックで拡大

ミズタビラコ

屏山からの眺望

オニヤンマ

2009年6月20日

 秋月キャンプ場から、標記2座を経て八丁越ル
ートへ周回した。距離は11.6km、所要時間は
5:00であった。

 この日の目当ては、マタタビとヤマボウシの花。
それに、ツゲの林に棲むニシキキンカメムシ。
このカメムシは、美しく匂いは極めて少ない福岡
県の準絶滅危惧種。

 キャンプ場から渓流に沿って登る。近くから、ミ
ソサザイの澄み切った大きな囀りが聞こえてくる。

 しばらく登ると、良く目立つ白い葉っぱ。マタタ
ビである。ツルの下を覗くと目当ての白い花。花
は5部咲きで、もうしばらく楽しめそうだ。
 マタタビはキウイフルーツの仲間。花は、キウ
イフルーツに瓜二つ。

 屏山の山頂では、ヤマボウシの白い花。その
花の先には、筑豊盆地の外輪をなす福智山が
霞んで見える。
 しばらく眺めていると、近くの枝にエナガの親子
が現れた。雛は巣立って間もないようで、近くで
は親鳥が見守っている。

 屏山からは、先ほどの往路を縦走路出会いま
で引き返し、古処山へ向かう。稜線はツゲの林
が続く。

 目当てのニシキキンカメムシを探しながら進む
が、その姿を見つけることはできない。例年、稜
線でよく見かけるが、今日は空振り。生息数が減
っていなければ良いのだが・・・。と、心配するの
は、往路で通ったツゲのトンネル付近では、毎年
農薬によるツゲの害虫防除が行われており、そ
の影響が気がかりだ。

 古処山山頂の国見岩からは、筑紫平野の先に
九千部山方面がかすかに見える。

 古処山からは北西へ延びる尾根を辿り、八丁
越ルートに出て出発地点に戻った。

オモト

アメリカフウロ

ヤマボウシ

ウリノキの花

マタタビの花

マタタビの葉

ドクダミ

タツナミソウ

雛を見守るエナガ

並んでとまるエナガの幼鳥

オオハンゲ

福智山
 ↓

Back