ブッポウソウ



花咲くセンダンの枝で一休み



若葉の上を飛ぶ




羽虫を捉えて♀のところへまっしぐら




♀の待つ枝へ



運んできた羽虫を♀へ、口移しでプレゼント



♂は休む間もなく、♀にせかされるように、また羽虫捕りへ



羽虫を捉えて、再び♀のところへ



枝に止まり、羽虫を催促する♀




2017年5月15日

 数年ぶりに、ブッポウソウを訪ねてみた。現地に着いて、ブッポウソウは渡ってきているのかどうか、双眼鏡で探す。しばらくすると、懐かしい声が聞こえてきた。声は段々近づいて、センダンの木にやってきた。
 森の宝石ともいわれるブッポウソウは、羽を広げるとブルーがひときわ美しい。
 この地には一組のカップルが渡ってきていて、♂はせっせと餌捕りに励む。♀は枝に止まって、♂が運んでくる羽虫を待っているだけである。オスは、口移しに羽虫を♀にプレゼント。そのあと♂は休む間もなく、♀にせかされるようにまた餌捕へ。一日中、この繰り返しである。
 ブッポウソウのカップルの行動は、どこかの夫婦に重なるようであり微笑ましく見える。   
 
Back