ヤマセミ・カワセミ



ヤマセミ 












2017年 晩秋の頃(その6)

 ヤマセミの棲む清流を訪ねてみた。秋の深まりとともに川は大きく減水して、平瀬の水深は20~30cmほど。ヤマセミは、上流からやって来ると予想して待つ。ところが、やってきたのは下流から。飛ぶ姿を撮るには撮ったが、遠い後ろ姿になってしまった。
 しばらくすると、カワセミもやってきた。カワセミはよそで捕った魚をくわえ、カメラから少々離れたお食事処の岩へ。そのあとは、水浴びを繰り返して遠くへ去った。
 この地を訪ねたのは、三度目である。しかし、ヤマセミもカワセミもここで魚を捕ることはない。彼女らの餌場は別にあるようで、そのえさ場とはどのようなところであろうか。いつの日か、彼らが水しぶきを上げて採餌する姿を撮ってみたい。 


カワセミ 













 
Back