アカハラダカ・ツミ

 
アカハラダカ

上昇気流に乗り、旋回しながら鷹柱に



 


2018年 (初秋 7)

 昨日(初秋 6)に続いて、アカハラダカの観察である。期待は、塒(ねぐら)立ち。
 今朝は早めにスタンバイ。朝7時25分、すぐ近くの塒からアカハラダカが飛び立ち、西へ向かう。続いて一羽、また一羽と西へ飛ぶ。
 しばらくすると、北西方向から大きな群が近づいてきて、頭上で輪を描きながら見事な鷹柱に。 鷹柱はぐんぐん高度を上げ、南東方向へ流れるように去って行く。
 この日に確認されたアカハラダカは1228羽、ハチクマは14羽であった。
 鷹の渡りは、これからハチクマが本格化。続いてサシバやチョウゲンボウ、ハイタカなどが通過する。
 機会を見て、これらの観察にも出かけてみたい。












ツミ







ハチクマ







 
Back